image1.JPGリベンジ上越大会は真夏日となり、何名か熱中症にかかりましたが、2016オフィシャルツアー全日程を無事終了しました。ご参加していただきました皆様、ありがとうございました。
まだまだ暑い日は続きますので、くれぐれもご自愛ください。
秋には各地方においてミニ大会も予定しておりますので、皆様のご参加お待ちしております。
LinkIcon各地情報


DSC_7823.JPG2016ビーチラグビージャパンツアーにご参加頂いた全てのプレイヤー、ご家族ご友人の皆さま、誠にありがとうございました。リベンジ上越を残しておりますが、関東・全国も無事に終了しました事をご報告いたします。
関東大会レディーストーナメントではMAREAが念願の初優勝!
全国大会レディーストーナメントでは既に強豪の雰囲気を醸し出してるアンラーチェが2連覇!
B1プレミアムトーナメントでは「関東制するものは全国を制する」との今までの歴史が物語る通り、あの過酷な状況の関東大会を制したDENKO MACが日本一に返り咲きました。
今ツアーはチームの新陳代謝も見受けられ、拮抗したゲームが多く一進一退のその瞬間に釘付けになったように思います。また、新設されたオーバー40も違ったビーチの楽しみ方を示してくれました。

全国を制したチャンピオンチーム「DENKO MAC」この夏も強かった!
このチームのこのメンバーを倒すのは、さあどのチームなのだろうか⁉
そして、打倒DENCO MACを目指すチームの相手は、今年の全国を制したメンバーである事を強く望みます。

関東ビーチラグビー協会 代表 若狭 平和


ビーチラグビー0219後.pdf創設24年目にあたる2013年4月より、皆さまに親しみ愛されておりますスポーツ名「ビーチフットボール」を、「ビーチラグビー」に名称変更します。
1990年、湘南海岸で開催された「サーフ’90」、このイベントをきっかけに前身である、「ビーチタッチフットボール」が誕生し、1991年7月に第一回関東大会が湘南ひらつかビーチパークで開催されました。
もとよりこの競技は、ラグビーのタッチフットボールを原型とし、ビーチ用にアレンジしたスポーツです。
四半世紀を目前にした今、2019年ラグビーワールドカップ日本開催までのこの期間を、世界へPR出来る大きなチャンスと捉えております。
世界各地で行われているビーチラグビーは、フィールドを芝生から砂に変えただけのもので、ときめく事の無い、我々のスポーツとは全く異なるものです。
「感動と興奮」を呼び、競技性のあるスポーツに高める事だけを考え抜いて来たこの24年間そしてこれから、この強い意思は世界に負けられません。
我々が名称を変更する最大の目的は、ルールの「世界統一化」です。

 甚だ身勝手ではありますが、皆様方には今後共より一層のSNSを駆使し、日本仕様のビーチラグビーを国内外に発信して頂けますようお願いします。
また、今回の変更に伴い少なからずご無理とご負担がかかる事と思いますが、何卒、温かいご理解とご支援を賜りますよう切にお願い申し上げます。

関東ビーチラグビー協会 代表 若狭 平和


OFFICIAL PARTNERS

dh.gif

黒亭.jpg